高品質バイオディーゼル・バイオジェット燃料で、低炭素化社会の実現を目指す

沿革

H17年~
藤元代表理事を中心に、油脂分解ディーゼル合成、廃プラスチック分解油化実証を推進
H17~18年度
タイ国におけるECOディーゼル燃料油の開発(北九州市立大学/NEDO)
H20年
油脂の直接脱炭酸分解による灯・軽油留分炭化水素の選択的合成に成功
「新バイオディーゼル研究会」立ち上げ、北九州産業学術推進機構にて講演
H21~22年度
バイオマスのガス化を経由する液体炭化水素合成技術の開発(北九州市立大学/NEDO)
H21~22年度
接触分解法を用いて製造したバイオ燃料の評価-鳥取市の廃食用油を原料とするスクールバス燃料の製造プロセスの開発-
技術アドバイザー (鳥取環境大学・株式会社タクマ共同研究/環境省)
H22~25年度
バイオマスからのバイオLPG(軽油代替燃料)合成の研究開発(北九州市立大学、日本ガス合成株式会社 /NEDO) - 合成ガス、炭酸ガスからのイソブタンの高選択的合成に成功
H22~24年度
接触分解法による廃食油からのバイオディーゼル燃料製造の研究開発(株式会社 フチガミ/NEDO)
H22~H26年度
新バイオディーゼルの合成法の開発(北九州市立大学、チュラロンコン大学(タイ)協力企業:株式会社 野田修護商店/SATREPS)
H24年
「HiBD」商標登録(登録第5468299号)
新バイオディーゼル研究会を「HiBD研究会」へ改組
H24~H26年度
第二世代バイオディーゼル燃料利活用に向けた技術開発実証研究 技術アドバイザー((公財)京都高度技術研究所/環境省)
H26年10月
HiBD研究会を基盤として一般社団法人HiBD研究所を設立
H27年4月~
北九州産業学術推進機構/北九州市産業経済局 新成長戦略推進研究開発事業. FY2015, 課題名:「液相スラリー法による炭化水素系バイオ燃料(HiBD)製造技術の開発」実施中

研究所概要

1.名称
一般社団法人HiBD研究所(ハイビーディー研究所)
2.所在地
≪事務室≫
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2番1号
産学連携センターT-311
TEL:093-695-3202 FAX:093-695-3309
≪研究室≫
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの1番8号
事業化支援センター502号室
3.役員
代表理事 藤元 薫
理事   宮川 晉
4.外部研究協力者
北九州市立大学教授 朝見 賢二
名古屋大学助教   谷 春樹
5.設立
平成26年10月20日
6.事業内容
(1)HiBDに関する調査、研究、広報活動
(2)再生可能資源、炭酸ガスを原料とする液体燃料製造の調査、研究
(3)RE:OIL活動(リオイル活動)の啓蒙と普及
7.研究設備

研究設備

研究室

研究設備


ICR装置

バイオマス液化装置

油化装置

FT合成装置

LPG合成装置

利用可能設備


HiBD製造プラント(タイ国)

HiBD製造プラント(液相ベンチ)

LPGベンチ(タイ国)