高品質バイオディーゼル・バイオジェット燃料で、低炭素化社会の実現を目指す

代表挨拶

再生可能資源からの液体燃料の製造は低炭素化社会推進のためのキーテクノロジーであり、持続可能な高度化社会形成に必須な将来技術です。
私たちは、これまでの北九州市立大学での研究を通じて、副原料を用いることなく、あらゆる種類の油脂あるいは脂肪酸、さらには光合成によって生産されるバイオマスから脱酸素分解して高品質のバイオ燃料(HiBD)を合成する方法を確立し、テストエンジンや市販バスでその実用性を実証しました。
当HiBD研究所はバイオマス等の再生可能資源から輸送用燃料を製造するプロセスの高度化と、その利用技術の普及を計るとともに、バイオ資源からの消化ガス、ガス化ガス、炭酸ガスからLPG、ガソリン、ディーゼル燃料、ジェット燃料などの高度化液体燃料の製造法の創製を目指します。

HiBD研究所 所長 藤元 薫

http://researchmap.jp/read0074989/